モバイルでいつでもどこでもWEB体験

WEBサイト、モバイルサイトでの求人活動

僕は、介護業界に勤めているものです。一年前、僕は入社前には予想もしなかった委員会に所属することになりました。それは、広報委員会です。なぜ、介護業界で「広報」委員会なのか?入所希望者なんてたくさんいるでしょ?と考えるかもしれません。事実、利用希望者は僕の勤めている特別養護老人ホームでは入所待ちの方が大勢います。しかし、その広報するべき対象は入所希望者ではありませんでした。その対象とは、僕の勤めている施設で「働く」人の求人増加を目的とした委員会でした。

つくづく介護業界とは、そこに働く職員の力によって支えられているのだなと感じます。まず、介護士として働くには、そこを利用している利用者さまのADL、既病歴、趣味嗜好まで把握していなければ仕事になりません。どれほど優秀な介護職員が入社したとしても、約60名の利用者様+入れ替わり入所されるショートステイの方の名前、ADLを把握し、業務をこなせるには、最低2か月はかかるのではないでしょうか?そんな貴重な人材が2人、3人と辞められたときには現場は大混乱です。なにせ、求人、採用、教育をへて独り立ちするまでには、最低三か月かかります。退職の3か月前までに会社に報告してもらうこと、その3か月内でのスムーズな求人活動が必須であるという事実が浮かび上がってきました。そこで提案したのがWEBサイト、モバイルサイトへの求人広告の掲載です。

結果として、ハローワークよりも、WEBサイト、モバイルサイトからの電話のほうが多いという結果でした。あらためて、効率的な求人活動のために、求人媒体を利用する効果が大きいと感じました。