モバイルでいつでもどこでもWEB体験

モバイルの普及でWEB環境がどこでも使えるユビキタスの時代

その昔ユビキタスという言葉が先行して流行ったのですが、スマホやタブレットの普及で現実的なものになってきました。iPhoneの登場で持ち運べる=いつでもどこでものWEB環境が登場したことでユビキタスのリアルな具現化がなされたように思います。モバイルでネットを楽しむときに、その接続手段が多様になってきました。携帯会社と契約して使用するiPhoneやアンドロイドなら3GやLTEなどの接続手段が込みなので問題なのですが、wifi版のiPadminiやNexus7などでWEBを見る時には自分で選ぶ必要があります。選択肢としては街のwifiスポットを利用して接続する方法やLTEのwifiルーターを契約して接続する方法、最近ではスマホのLTE接続をテザリングで持ってくる方法などがあります。

LTEが有利なのは家でも外でも変わらずにネット環境が得られるところでしょう。契約したLTE回線をwifiルーターで接続するやり方はコストもかかりますが速度も早いので満足は得やすいでしょう。それと類似した成果を上げられそうなのがテザリングです。携帯電話で契約したLTEで接続するので、携帯(スマホ)もモバイルもどちらもLTEの速度で通信できます。料金もテザリングをすることであまり上がらないようにしたプランなどが用意されている場合はコスト的にかなり有利になるでしょう。また家中心でインターネットをする場合は時間帯による速度制限やwifiルーターの充電などの要因に煩わせない光ファイバーを導入して無線LANルーターで接続する方が有利かもしれません。

■注目の情報